【DO!BOOK・ページリンク】
standup_05d   4 / 7

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


03  今年度の全国研修会は、第1回福岡、第2回大阪と山梨に続 き、第3回は平成24年11月25日(日)に東京と和歌山で開催し ました。東京都言語聴覚士会(半田理恵子会長)、和歌山県言 語聴覚士会(山崎良一会長)のご協力をいただき盛況に開催す ることができました。実行委員長の小田柿誠二先生(東京湾岸 リハビリテーション病院)、天野哲弥先生(訪問看護ステーショ ン中紀)をはじめとする士会の皆様に心から感謝いたします。  都道府県士会の皆様の開催協力による全国研修会も順調 に進み、会員の皆様の地域で最新の専門講座に参加していた だけるようになりました。各都道府県士会の活動の一環として 7月・11月最終日曜日に全国研修会が開催できますよう、各士 会でご検討をお願いします。平成25年11月は大分県で開催 する予定です。  「生涯学習システム」の基礎プログラムと専門プログラム は、それぞれ既定の講座履修ポイントと、学会参加、職能活動 などの活動によるポイント取得が必要です。入会時に配布され る「受講票」の所定の欄に記録し、既定のポイントが修了すれ ば「修了申請」して「修了証」を受けることができます。「修了 証」はポイントをもっていれば、繰り返し取得しても結構です。 5回目という方もいました。  「生涯学習システム」の次の段階は「認定言語聴覚士」を目 指していただくことです。現在「摂食・嚥下障害領域」110名、 「失語・高次脳機能障害領域」96名の「認定言語聴覚士」が誕 生しています。今年度は「言語発達障害領域」の「認定言語聴 覚士」が誕生します。今後は「聴覚障害領域」「発声・発語障害 領域」なども開講予定です。「全国研修会」で専門プログラム を修了して、次のステップに進まれますよう、計画的な受講を お進めください。  第3回全国研修会(東京会場)は、銀杏並木の 隙間から青空がのぞき、秋の澄みきった空気を感 じさせる爽やかな朝の開催となりました。会場は 東京医科歯科大学M&Dタワー2F鈴木章夫記念 講堂で設備・機材ともに立派なものを使用させて いただきました。  午前の専門1は「言語聴覚士が知っておくべき 歯科・口腔疾患と歯科的対応法−補綴的発音補 助装置、口腔ケアなど−」と題し、東京医科歯科 大学大学院の吉増 秀實先生にご講演いただきま 平成24年度 第3回全国研修会 開催報告 生涯学習部 板倉 登志子 全国へと広がる研修会、今回は東京と和歌山で開催 東京 会場 第3回全国研修会 東京会場 会場記 ロケーションも設備も最高の場所で充実の開催 実行委員長 小田柿 誠二(東京湾岸リハビリテーション病院) 東京会場全景