【DO!BOOK・ページリンク】
standup_04d   7 / 7

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


集特頭巻 06 学会長 小橋 透 (北海道言語聴覚士会) 奈良県言語聴覚士会 実行委員長  霜村 智一  9月16日(日)に学校法人青丹学園関西学研医療福祉学院にて 「2012なら言語聴覚の日のつどい」を開催しました。奈良県での言語 聴覚の日のイベントとしては今年で3回目となります。内容としましては 例年に引き続き、奈良県脳卒中者友の会「桜の会」の失語症合唱団の コンサートと企業展示に加えまして、今年は講演、失語症者とのお話の 会をイベントの目玉として行いました。当日は、医療介護従事者、学生、 一般の方など幅広く参加していただけ、120名を超える来場者数でし た。失語症合唱団コンサートでは童謡や懐かしの歌謡曲などを披露し ていただきました。会場を埋め尽くすほどの多くの方に観覧していただ き、会場からは「楽しそうに力強く歌っている姿が見られてよかった。」 と、とても盛況でした。  企業展示では嚥下食や口腔ケア用品の企業12社にご協力いただ き、企業の方に直接話を聞ける良い機会となり、各ブースで熱心に聞き 入る参加者の姿を多く見かけました。  次に講演では、当県士会会長 松下真一郎先生により「言葉の発達 を促すコミュニケーション」をテーマに講演いただきました。子供のこと ばの遅れなどに悩みを抱えた方の来場者が多く、講演後は「非常にわ かりやすかった。」「子育てに役立てたい。」と、とても喜んでいただけ ました。失語症者とのお話の会では、言語聴覚士を目指す学生と失語 症合唱団員との交流会を行いました。普段の授業では体験できない臨 床現場に近い反応や様子を体験したいただけ、また、合唱コンサート時 の様子との違いをみていただけました。  今後も奈良県言語聴覚士会、総力を挙げて県民の皆様に、言語聴覚 士や言語聴覚障 害について広く 知っていただける よう啓発活動等が んばっていきたい と思います。 大阪府言語聴覚士会 医真会八尾リハビリテーション病院 堀川 康平  9月9日に、大阪府言語聴覚士会にとって、記念すべき第一回目の 「言語聴覚の日」のイベントが開催されました。イベント直前まで、何名 ぐらいの方に参加して頂けるか心配していましたが、予想をはるかに上 回る、総勢40名の方にご来場頂き、府士会会員と学生ボランティアの ご協力のもと、大盛況に終えることができました。  講演会は、「食べることのよろこび〜摂食・嚥下障害の基礎知識〜」 というテーマで、医真会八尾リハビリテーション病院の稲垣愛子先生 にご講演頂きました。参加者におせんべいを食べて頂きながら、舌やの どの動きについて解説するなど、参加者が体験して学べる内容で、ア ンケートより、約9割の方に「分かりやすかった」という高評価を頂くこ とができました。コミュニケーションや摂食・嚥下に障害をお持ちの方 や、施設で食事介助に携わる介護士、言語聴覚士を志している学生な ど様々な方に参加して頂き、と いう目的に向けて、前進できたと考えています。  今回、実行委員では、イベントの企画から、チラシの設置場所の確 保、会場周辺でのチラシ配り、当日の運営に至るまで、全員で力を合わ せて活動してきました。初の試みということもあり、至らなかったところ も多々あったとは思いますが、周囲にサポートして頂きながらイベントを 成功させることができました。このイベントを通して学び得たことを、次 回に反映し今後もより良いものを作り上げていきたいと考えます。 岡山県言語聴覚士会 (財 )倉敷中央病院 糸山 克哉  岡山県言語聴覚士会では、平成24年9月2日(日)に、『第5回おかや ま言語まつり』と銘打って、県士会員、各障がい者団体、一般市民との 交流会を開催しました。参加者は県士会員45名、障がい者団体・一般 参加者合わせて203名、計248名と、とても多くの方にご参加いただ きました。聴覚障がい者団体、吃音者団体、失語症者団体、喉摘者団 体、高次脳機能障害者団体など7団体により、様々な出し物をご披露い ただきました。また、『備前笑顔の勢い神楽』様より、和太鼓と獅子舞、 歌、川崎医療福祉大学非常勤講師の前田キヨ子先生より『音楽セッ ション』をご披露いただきました。展示コーナーを設け、各団体の紹介 や作成物の展示など、日ごろの活動についての広報も行って頂きまし た。 出し物を披露された皆さんは、この日のためにそれぞれの出し物の準 備・練習に励まれたそうです。どの団体の出し物も、本当に素晴らしく、 会場の皆様も目を輝かせてご覧になられていました。また、前田キヨ子 先生の音楽セッションでは、会場の皆様全員で、昔懐かしい童謡や歌 謡曲を歌ったり、ハンドベルやペットボトルなどで合奏しました。皆さん が、大きな声を出して、歌声を聞かせてくださいました。何より、会場の 皆様が一つになって、素敵な笑顔に包まれていたのは、主催者側とし て、何より幸せなひと時でした。 音声ファイル再生 音声ファイル再生 音声ファイル再生