【DO!BOOK・ページリンク】
standup_04d   3 / 7

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


集特頭巻 02 学会長 小橋 透 (北海道言語聴覚士会) 栃木県言語聴覚士会 猪狩 麻紀子、緒方 啓一  栃木県言語聴覚士会では、例年、自治体主催の福祉関連のイベント とタイアップして「言語聴覚の日」の活動を実施しています。本年は10 月27日(土)に県北地区で開催された「大田原福祉まつり」に参加して 活動を展開しました。これまでは県庁所在地である宇都宮市で実施し てきましたが、より広く地域に密着していくことをねらい、初の郊外開催 となりました。活動内容は、リーフレットの配布、パネル展示、検査道具 や訓練教材・嚥下食の展示など、実際に目で見て体験できるような展示 物を用いて、言語聴覚士をより身近に感じていただけるような工夫を施 しました。  「これから必要になる職業だと思う」「言葉の問題は目に見えないか ら大変」「もっと地域に向けてPRしていく必要があり、このようなイベ ントにどんどん参加してほしい」など、貴重な生の声を聞くことができま した。本イベントは障がい者も健常 がテーマであり、当事者の方々と共に楽しい 時間を共有できたことは我々にとっても貴重な経験となりました。  地道な草の根運動を続けることが言語聴覚士や障がいの理解へ繋 がる、一つ一つの小さな繋がりを大切にしたいと感じています。今後も 県内のエリアをくまなくまわりながら、言語聴覚士を浸透させていきた いと思います。余談ですが、会場にはご当地ゆるキャラ、弓の名手「与 一くん」も応援に駆けつけてくれ盛り上げてくれました。感謝申し上げ ます!! 茨城県言語聴覚士会 水戸メディカルカレッジ 言語聴覚療法学科 2 年 鴨志田 紫帆 私は「多くの方にSTについて知ってほしい」という思いで、言語聴覚 の日である9月1日に水戸駅で啓発活動に参加しました。 今回が初めての参加でしたが、想像していたよりも無関心で通り過ぎ ていく方が多く、STについて知っている人はまだまだ少ないのかと実 感しました。しかし、その中にも「言語聴覚士ってどのような仕事な の?」と興味をもって質問してくださる方もいて、とても嬉しく思いまし た。また、その質問に対して自分なりに説明していくなかで、改めてST の魅力を感じ、早くSTになって多くの方々の力になりたいという気持ち がより一層大きくなりました。  暑い中の活動でしたが、少しでも多くの方にSTについて知っていた だきたいという思いで頑張りました。これからもこのような活動に積極 的に参加し、色々な経験を積み重ね自分自身も成長していきたいと思 います。そして数年後には、STという職業の素晴らしさを多くの方に伝 えていけるようなSTになりたいです。そのために今は、多くの方の力に なれるSTを目指し、日々努力していきたいと思います。 東京都言語聴覚士会 津村 恒平 2012年9月9日、日本歯科大学生命歯学部富士見ホールにて、東京 都言語聴覚士会主催の「言語聴覚の日」が開催された。午前中は当会 所属の言語聴覚士が、当事者や家族をはじめ、学生や言語聴覚士等か らの種々の相談に応じる「相談コーナー」と、各分野の「企業展示」が 設けられ、午後からはイベントの柱となる「講演会」が開催された。 東京都言語聴覚士会では、第1回の言語聴覚の日から講演会の内容 を、当事者や家族、担当の言語聴覚士等に、新たな人生を再構築され たその体験や思いなどを、壇上で語っていただく形式で開催している。 今回は3組の発表があり、当事者や家族等の今までの歩みやそれぞれ の思い、言語聴覚士とのかかわりなどについて発表され、いずれも多く の聴講者の心に響くものであった。実は、今回発表された当事者の中 に、前回の講演会を聴講し刺激を受け、今回発表者となることを自ら決 められた方がいた。発表終了後、今回の発表者と前回の発表者がお互 いを称え合う場面や、知り合いの方や聴講者から声を掛けられる場面 もあり、素晴らしい機会となっていた。このように、当事者や家族、言語 聴覚士等の実際の「体験談」は、多くの人に大きな影響を与える力があ るということを改めて感じた。次回はどんな方のどんな体験談が聞ける のか?今から次回の「言語聴覚の日」が楽しみでならない。 音声ファイル再生 音声ファイル再生 音声ファイル再生