HOME > ニュース一覧 > ニュース

実務者講習会

実務者講習会

【平成30年度 実務者講習会 開催日程】
 
平成30年度は下記の日程で実務者講習会が行われます。皆さまのご参加をお待ちしております。
 
◆5月19日(土)・20(日) ※終了いたしました
 回復期リハビリテーションにおける言語聴覚療法:応用編
 会場:日本福祉教育専門学校(東京都)
 申込期間:3月20日(火)13時~417()13 5月1日(火)13時(受付期間延長)
 
◆7月14日(土)・15日(日)
 介護保険サービスにおける言語聴覚療法:応用編 
 会場:日本福祉教育専門学校(東京都)
 申込期間:5月16日(水)13:00~6月12日(火)13時  6月19日(火)13時(受付期間延長)
 
◆9月23日(土)
 医療・介護保険合同企画 実務者講習会
 会場:未定
 
◆10月13日(土)・14日(日) ※2018年3月28日開催日変更
 地域包括ケア関連 実務者講習会
 会場:未定
 
◆11月17日(土)・18日(日)
  回復期リハビリテーションにおける言語聴覚療法:基礎編
  会場:未定

◆12月9日(日)
 介護保険サービスにおける言語聴覚療法:基礎編
 会場:未定
 
 
-----------------------------------------------------------------------------------

2018年度 第2回実務者講習会
  「介護保険サービスにおける言語聴覚療法講習会:応用編」開催のお知らせ 

 
 近年、介護保険サービスにおいて言語聴覚士に対するニーズの多様化するとともに提供体制や提供内容も変化しています。今般の介護報酬改定ではリハビリテーションマネジメントの要件が細分化されたことに加え、共生型サービスが新設されました。これにより介護保険サービス事業所は高齢者だけのものではなく、成人や小児も一部利用できるようになり、さらに多様なニーズへの対応が求められ、地域の連携ネットワークもより複雑化していくと予想されます。その中で利用者はときに在宅、ときに施設と、状況に応じてサービスを使い分けながら、住み慣れた地域で生活しています。言語聴覚士はこのような利用者の状況に応じ、地域資源を活用しながら利用者を継続的に支援していくイメージを持つことが重要です。これからの介護保険サービスでは、訪問、通所、施設と個々の機能を高めるだけでなく、事業所の垣根を越えて連携を拡大し、リハビリテーションマネジメントに基づく効果的な言語聴覚療法を行う必要があります。
 今年度は介護保険領域の実務者講習会を見直し、介護保険サービスの事業形態の枠組みではなく、地域において生活期を支える介護保険サービスを基盤に提供する言語聴覚療法について講習致します。さらに今回は応用編として経験者の方々に受講をおすすめしています。言語聴覚療法の知識・技術だけではなく、地域の中で利用者の生活支援を目的とした関わり方へと視野を広げる講習会です。講義に加え、グループワークや懇親会も企画しておりますので、日頃の業務で疑問に思っていること、不安に思っていることなどを持ち寄り、情報交換できる場としてご活用いただきたいと思います。講師は介護保険サービスでの勤務経験のある講師が、より実践的な内容を講習いたします。一人職場の多い介護保険サービスに勤務する言語聴覚士にとっては、同じ境遇で働く言語聴覚士と学びを深める貴重な機会になることと思います。ぜひ多くの会員の方々のご参加をお待ちしています。

 
【日 時】
2018年7月14日(土) 13:00~17:30(受付開始 12:45)
               15日(日) 9:20~16:50 

【場 所】日本福祉教育専門学校 高田校舎 234教室(予定) 
 ※エレベーター:あり,身障トイレ:なし
住所:〒171-0033 東京都豊島区高田3-6-15 ※会場への問合わせはご遠慮ください。
最寄り駅:高田馬場駅

【参加費】
会員15,000円 / 非会員25,000円
※今年度より受講料が変更になっております。

【定 員】
80名

【内 容】
・介護保険サービスと地域言語聴覚療法概論(60分)
・介護保険サービスにおける認知・コミュニケーションへの関わり(90分)
・地域言語聴覚療法に関わるリスク管理(90分)
・介護保険サービスにおける摂食嚥下リハビリテーション(90分)
・地域言語聴覚療法とこれからの言語聴覚士(60分)
・地域言語聴覚療法に関わるマネジメントと連携(90分)
・グループディスカッション(120分)
 ※1日目終了後に懇親会を予定しております。
 
【申し込み方法】
※受付終了いたしました。お申込ありがとうございました。


<ご参加いただく上での諸注意>
〇講義中の録音や写真撮影はご遠慮願います。
〇すべての講義を受講いただいた方のみ参加証を発行いたします。
 
-----------------------------------------------------------------------------------

2018年度 第1回実務者講習会
「回復期リハビリテーションにおける言語聴覚療法講習会:応用編」
開催のご案内
 
 回復期リハビリテーション病棟が設立され18年が経過し、言語聴覚士の配属も急速に増えており、「質の確保」という大きな課題が懸念されています。この流れを受け、日本言語聴覚士協会では9年前より回復期リハビリテーション病棟で勤務する言語聴覚士に求められる内容に特化した「回復期リハビリテーションにおける言語聴覚療法」という講習会を開催しています。これまで、「基礎編」「実践編」「各論編」の3つの講習会を開催してきましたが、今年度より内容の整理を行い「基礎編」「応用編」としました。
「基礎編」:初めて回復期リハ病棟で働くSTに必要な実践的スキルの習得
「応用編」:回復期リハ病棟で求められる言語聴覚療法に求められる専門性の向上
       退院支援に向けた考え方
 今回は、「応用編」のご案内です。一昨年より、回復期リハビリテーション病棟協会POS委員会ST部員と協働し、言語聴覚療法に求められる専門性の向上に絞り、「回復期リハビリテーションにおける言語聴覚療法講習会:各論編」を開催してきましたが、本講習会は「各論編」を元に構成しています。回復期リハビリテーション病棟で勤務する言語聴覚士にとって必須となる4領域(高次脳機能障害、摂食嚥下障害、失語症、運動障害性構音障害)について、実際の業務で実践可能な訓練の視点を学べる機会です。また、ケースマネジメントや退院支援に向けた考え方にも触れる内容となっています。多くの方のご参加をお待ちしております。
 
 
【開催概要】
開催日時: 平成30年5月19日(土) 13:00-18:00 (受付開始 12:30)
           20日(日)  9:30-16:00 
開催会場 : 日本福祉教育専門学校(高田校舎)
(〒169-0075 東京都新宿区高田3-6-15 : 最寄駅 高田馬場)

会費:会員15,000円/非会員25,000円 
※平成30年度より講習会受講料が変更となりました。

参加者: 80名
※1日目の夜に懇親会を予定しております。奮ってご参加ください。
 日時 : 5月19日(土) 18:30-20:30  4000円前後   講習会会場周辺
                             (会費は当日集めさせていただきます。)

<プログラム(予定)>
【第1日】
13:00-13:10  開会のことば・趣旨説明
13:10-13:40  セラピスト10か条とST5か条
13:40-14:45  休憩
13:45-15:15  講義1 高次脳機能障害
15:15-15:25  休憩
15:25-16:55  講義2 摂食嚥下障害
16:55-17:00  休憩
17:00-18:00  講義3 退院支援のための地域における言語聴覚療法  

【第2日】
  9:30-11:00  講義4 失語症
11:00-11:10  休憩
11:10-12:40  講義5 運動障害性構音障害
12:40-13:40  昼食
13:40-15:40  事例紹介・グループディスカッション
15:40-16:00  質疑応答
16:00        閉会のことば  

【申し込み方法】
 <申込期間> 3月20日(火)13時~417()13 5月1日(火)13時(受付期間延長)

                                         ※受付終了いたしました。お申込ありがとうございました。
 
 -----------------------------------------------------------------------------------

一覧ページへ戻る



このページの先頭へ