【DO!BOOK・ページリンク】
standup_04d   5 / 7

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


集特頭巻 04 学会長 小橋 透 (北海道言語聴覚士会) 愛知県言語聴覚士会 広報部 神谷 愛  愛知県言語聴覚士会は「言語聴覚の日」事業を通して、一般市民に 言語聴覚士を知っていただくことを目的に、初めての啓発イベントとし て「言語聴覚の日」展示会 in 愛知を平成24年8月26日(日)に名古屋 市緑区イオンモール大高イエローコートにて行いました。  DVD上映、パネル展示で県内のコミュニケーション障害関連団体の 紹介や言語聴覚士についての紹介を行い、企業展示も行いました。来 場された方にコミュニケーション障害関連団体や愛知県言語聴覚士会 のリーフレットを配布し、展示物の内容や言語聴覚士についてなどのア ンケート調査にもご協力いただきました。  多くのお客様が展示場の前を往来されるものの、展示物をご覧いた だいて、アンケートに答えてくださったのは93名、リーフレット配布数 は415枚でした。全く言語聴覚士を知らない400名程の方に言語聴覚 士の名称を知っていただき、リーフレットを渡すことができたことは成 果でしたが、言語聴覚士や言語聴覚士が関わる障害について関心を 持っていただくことの難しさを改めて感じました。  今後も市民の皆様からいただいたご意見やご感想を活かし、より多 くの方に理解を深めていただくために啓発活動を継続することが必要 と考えています。 岐阜県言語聴覚士会 地域支援部 長谷川 由貴 (美濃加茂市カナリヤの家) 岐阜県言語聴覚士会では、平成24年11月4日(日)に、岐阜市文化セ ンターで開催された第33回市民健康まつりにブースを出展し、県士会 スタッフ14名が参加しました。市民健康まつりは、市民、関連団体、行 政が協同して、健康に関する知識を深め、体験する場を提供することに より、健康づくりを進めることを目的とした市民参加型事業です。県士 会がこのイベントに出展するのは今回で5回目となり、簡易聴力測定、 脳年齢チェック、飲み込みチェック、ことば・聞こえ・発達・飲み込みに関 する相談コーナー、言語聴覚士に関するアンケート調査を実施しまし た。  その中でも脳年齢チェックは毎年最も参加者が多いコーナーです。 ゲーム感覚の楽しみとして毎年挑戦する常連さんや、結果と実年齢と を比較して「まだ何とか大丈夫だわね」などと一安心して帰られる方な ど様々です。今回新たに追加した飲み込みチェックコーナーには「最近 むせやすくなった」と自覚症状を訴えて受けにいらっしゃる方もあり、身 近な場所でこのような機会を提供することのニーズを改めて感じまし た。  アンケート調査では『言語聴覚士を知っていますか』という質問項目 に、「知っている」(対応してもらったことがある・仕事を知っている・名前 を知っている)が計170名、「知らない」が185名でした。 という割合が全体の半数近くとなり、毎年実施している 同様の調査結果と比較するとその数値は年々増加していますが、認知 度はまだ低いのが実情です。今回のイベントを通して、ことば・聞こえ・ 飲み込みの専門家の存在をより多くの方に知っていただくことの重要 性と、悩みや心配事など気 軽に相談していただけるよう 我々県士会員が皆で知識を 蓄え高め合っていくことの意 義を再確認しました。今後も 地域に根ざした県士会活動 を行っていきたいと思いま す。 三重県言語聴覚士会 鈴鹿回生病院 小倉 由美  三重県では毎年PT.OT.ST各県士会合同でリハビリフェスタを開催 しています。三重県士会では、言語聴覚の日の啓発活動の一環として 参加していますが、今年で10回目となる今回は7月1日に開催されまし た。まだまだ知名度の低い言語聴覚士を来場者の方へ様々な体験を通 じて知っていただく機会となるよう、毎年様々なブースを準備していま す。今年は言語リハビリ相談ブース、脳トレ体験、小児言語訓練グッズ 体験、パンフレット・嚥下食試供品配布を行いました。  また、「言語聴覚士を知っていますか?」というアンケートを実施した ところ、総数114名の内、「知っている」:53名、「知らない」:61名であ り僅差で知らない方が上回りましたが、「知っている」と回答いただい た方の数は私達の予想を超えるものでした。御協力いただいた方にお 話を伺うと、「知っている」と回答いただいた方の多数がご自身の身近 な方が言語聴覚療法を受けたことがある方でした。他にも名前は聞い たことがあるけど、何をする仕事かはわからないと言われる方もおら れ、多岐にわたる私たちの仕事についても知っていただけるよう、今後 の啓発活動へのヒントが得られ貴重な意見をたくさん聞くことができま した。開催日が「はつ恋」の放送時期と重なり、NHKのドラマの人の仕 事でしょ?という意見も多く聞かれました。   これからも言語聴覚士について知っていただける機会がもっと増えれ ば嬉しいと思いました。 音声ファイル再生 音声ファイル再生 音声ファイル再生