【DO!BOOK・ページリンク】
standup_03d   7 / 7

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


集特頭巻 06  7月29日、山梨県甲府市で開催された日本言語聴覚士協 会全国研修会に参加いたしました。連日、猛暑の続く甲府で すが、2名の先生方から貴重なご講演をいただくことができ ました。  総合南東北病院の佐藤睦子先生からは「失語症以外の高 次脳機能障害」という題で、認知症、行政用語としての高次脳 機能障害、右半球症状等について、事例を交えてのご講演が ありました。とりわけ と使い分けてらっしゃる点 や、右半球症状のチェックポイントと言語聴覚士の役割といっ た点については、日々の疑問がすっととける思いでした。  福井総合病院の中澤久夫先生からは「回復期リハビリテー ション病棟における言語聴覚士の役割」についてのご講演で した。ADLというと、ともすると言語聴覚士は認知項目ばかり 重視してしまいますが、それぞれの運動項目と認知機能の関 係について具体的な説明をいただき、回復期リハ病棟の言語 聴覚士としての視点や役割をあらためて振り替えることがで きました。  休憩時間には、東日本大震災へのチャリティーバザーとし て山梨の名産品の販売がありました。ワインや天然石のスト ラップ、障がい者の方が作ったクッキーなどが手ごろな値段で 販売され、県内外からの参加者の方々で賑わっていました。  一日の研修会とは思えないたくさんの収穫をいただけた ことに感謝し、これからも日々の臨床に努めていきたいと思 います。  湯村温泉病院 有田 笑子 実行委員 佐藤睦子先生による 「失語症以外の高次脳機能障害 Ver.2」講座 中澤久夫先生による「回復期リハビリテーション病棟における 言語聴覚士の役割 Ver.2」講座 全国研修会 参加記 音声ファイル再生