資格の更新手続きについて

認定言語聴覚士の更新規定
認定言語聴覚士は5年を1クールとして更新が必要です。
更新は自動ではなく申請が必要となります。更新されない場合は認定取消となりますのでご注意ください。
<更新条件>
5年の期限内に、次の3つの要件のうち2つの要件を満たすこと。
①日本言語聴覚学会へ2回以上参加する。
 又は、日本言語聴覚学会へ1回かつ関連学会へ1回以上参加する。
②全国規模の学会において認定領域に関する発表を行う。
③認定領域に関する社会的貢献活動(当該認定領域に関する活動に限る)を行う。
 社会的貢献活動を要件にする場合は、所定書式の証明書(※PDFが開きます)を提出する必要があります。
 社会的貢献活動の例:研修会講師、論文査読、学会・研修会の運営、通年の患者会運営・支援など。
<申請手続きについて>
◆申請方法:申請書(※PDFが開きます)に必要事項を記入の上、申請内容を証明する書類および
 返信用封筒(A4三つ折り対応、82円切手貼付、返送先明記)とともに下記協会事務所へ郵送してください。
◆特例措置対象者:過去に更新期限が切れて失効した認定言語聴覚士全員
◆特例措置期限:2019年3月末日(必着)
◆留意事項
1)
特例措置により遡って更新が認められた場合でも、更新後の有効期限は本来の期限のままで変更はありません。
例えば、2016年4月に失効した方が更新した場合の有効期限は、
2020年度末(2021年3月末日)までとなります。
2)
現在、認定資格を有する言語聴覚士も新しい要件に基づいて更新申請をしてください。
3)
本要件による運用は2020年度末までとし、更新要件の見直しを図ることとする。
≪問合せ・書類郵送先はこちら≫
〒162-0814 東京都新宿区新小川町6-29 アクロポリス東京9階 一般社団法人日本言語聴覚士協会 事務所
FAX:03-6280-7629    e-mail:nintei☆jaslht.or.jp(☆を@に換えてください)