症例検討・発表

症例検討・発表サンプル
基礎プログラムにおける「症例検討会」とは、以下の条件を満たす場合とします。
1)
臨床経験6年目以上の本協会正会員2人以上が指導者として参加していること
2)
発表者および各指導者が異なった施設に所属していること、すなわち、最低3施設から本協会正会員が参加していること
3)
1症例について充分な時間をとって検討すること
なお、当面認めるとしていた「都道府県あるいは全国規模の学術集会における演題発表形式の症例発表」は、
平成26年4月以降に開催される会において発表されたものは「症例検討」として認めません。
【修了証授与の条件】症例検討会における症例検討・発表(症例検討証明書が必要)
※修了証申請時には「症例検討証明書」の添付が必要です。見本を参考に作成してください。(承認者の署名捺印が必要です)症例検討証明証の見本・記入フォーマットはこちら